忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
わが子を野球へと導いてゆく一部始終
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もうすぐ術後二ヶ月になります。

週に4度のリハビリは、肘の可動域を広げる作業のなのですが、経過は順調で、元の状態に戻るまであと少しというところまで来ています。

ただ、本人の右腕の感覚は、術前のそれと比べるとまだ戻ってないみたいで、こっちはもう少しかかるのかなといったところです。

今日は診察日。
前回同様、学校を途中抜けして診てもらってきました。

いつものようにレントゲンを撮っての診察。
執刀医のレントゲンを見る目は至極おだやかで、その表情には笑みさえ浮かんでます。
そして、倅の右腕の可動域を確認して頷いた執刀医は、

「相変わらずいいですねぇ。ちょっと早いくらいです。」

レントゲンの患部は、素人目にも良くなってきてることが一目瞭然で、治癒が加速してきている感じです。
前の病院に通ってたときは、レントゲンを見る度に落ち込んでたような気がするんですが、こんどの病院は見るたびに希望が沸いてきます。

そして、

「もう走っちゃっていいよ、体育もOK。ただ、野球はもう少し待とうか、次の診察でMRIを撮ってから考えよう」

次の診察は6月21日。
投げるのはもう少し先の話になると思いますが、早ければ次回でバッティングができるようになるかもしれません。少なくとも水泳たとかの腕を使うスポーツは解禁になる見通しです。

というわけで、今日からダッシュができるようになりました。

いつになるかわかりませんが、復帰したときに少なくとも体力面では劣っていないようにするために、今日から徐々に
フィジカルを鍛えてゆくことにします。

なんか、加速してきた感じがするぞ!

拍手[15回]

PR
≪  1222  1221  1218  1215  1214  1213  1211  1210  1207  1206  1205  ≫
HOME
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
GEIWN
アーカイブ
最新記事
ご意見・ご要望
ご意見・ご要望などはこちらから 常時チェックしてませんので、お返事は遅くなります(汗)
忍者アナライズ
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
リンク
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
忍者ポイント広告
フリーエリア
忍者ブログ本ブログの著作権は全て管理人に帰します。 全ての文章の無断転載・頒布・プリントアウト等の行為を禁じます。 [PR]