忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
わが子を野球へと導いてゆく一部始終
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中学を教えてた頃、ウチの子と硬式やってる子との違いを最も感じたのはバッティングでした。
一段二段どころか次元が違うという印象でした。

硬式やってる子の方が、たとえ変なスイングしててもスイングスピードは速いし力強いし打球も良く飛ぶんです。

なので、その差を少しでも埋めるべく、まずボールを沢山用意して沢山打てる環境を作り、そんだけじゃ足りないと教育委員会に直接掛け合ってマシンを入れてもらいました。

(ちなみに、東中にマシンを入れるのならと、倅の中学校にもマシンが入ることになりましたので、今、倅の野球部にマシンがあるのは偏に私のお陰です。ワッハッハ!)

お陰でバッティングのレベルは随分上がりました。
しかし、硬式の子との差を埋めるまでには至りません。

原因としては、ボールとバットにあります。

軟球の場合、多少の腕力があがればそれだけでそこそこ飛ぶのに比べて、硬球は腕力だけじゃぁなかなか飛びません。
しかもバットの重さが違います。
軟式の場合、だいたい700グラム前後。
でも、硬式の子は800グラム前後。

たった100グラムですが、この差はデカくって、800グラムは大人でも重く感じます。
これを硬式の子はビュンビュン振れるんですから、相当振り込んでるんでしょう。そりゃ飛びますわ。

いろいろ工夫しましたが、軟式ではちょっと難しい感じでした。

その経験を踏まえて、倅には中3までに、800グラムをビュンビュン振れるようにしたいと考えています。
できれば900グラムまで行ければいいのですが、そこは体格の問題もありますからね。

拍手[0回]

PR
≪  1117  1115  1112  1113  1111  1109  1108  1102  1098  1081  1077  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
GEIWN
アーカイブ
最新記事
ご意見・ご要望
ご意見・ご要望などはこちらから 常時チェックしてませんので、お返事は遅くなります(汗)
忍者アナライズ
カウンター
アクセス解析
ブログ内検索
リンク
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
忍者ポイント広告
フリーエリア
忍者ブログ本ブログの著作権は全て管理人に帰します。 全ての文章の無断転載・頒布・プリントアウト等の行為を禁じます。 [PR]